9倍もらえる失業保険。失業保険は4度笑う。


2011年11月15日

失業保険 アルバイト

ハローワークに求職申し込み後の待機期間(7日間)のパート・アルバイトは禁止です。

就職が決まったと見なされて、失業保険が受けられなくなってしまいます。

失業認定期間中ににアルバイトをした場合は2、3日の短期なら、

その日数分は失業保険の3割程度の「就業手当」が支給されます。

もちろんその日数分だけ給付日数から減らされます。

それ以上長期間のパート・アルバイトをした場合は就職したと見なされ、

失業保険がもらえなくなります。

上記のことは黙ってればわからないだろう、と思うかもしれませんが、

申告せずに発覚した場合は、不正受給となり、失業保険の返還だけでなく、

いわゆる「3倍返し」という罰金になりますので注意願います。

どうしてもパート・アルバイトがしたい場合は、事前にハローワークで

相談するのが賢明でしょう。


posted by バードマン at 21:32| Comment(0) | 失業保険 アルバイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

失業保険 計算

失業保険の基本手当日額は以下の計算で決まります。

--------------------------------------------------
退職前6か月の給与総額÷180=賃金日額

賃金日額×(給付率:45〜80%)=基本手当日額
--------------------------------------------------

給付率は年齢によって決まり、基本手当日額には上限があります。

ですから、退職前の6か月はできるだけ残業して給料を増やした方がいいです。

ただ、上記のことはハローワークでも公開されてますので誰でも調べることができます。

私は退職時34才で上限の7,140円もらえることになりました。

ただ私はこれを読んで給付日数を増やすことができました。

9倍もらえる失業保険。失業保険は4度笑う。

この給付日数を増やす方法は一般的には公開されていません。

誰でも給付日数を増やすことができるのに、ほとんどの人がその存在・方法を

知らない為に数十万円ももらい損なっています。



posted by バードマン at 22:32| Comment(0) | 失業保険 給付 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

失業保険 受給資格

失業保険の受給資格は、原則として離職の日以前2年間(算定対象期間)に

被保険者期間が12ヶ月以上あることです。

簡単にいうと会社を辞める前の2年間に1年間以上雇用保険料を

払っていればよいということです。

私は11年半勤め、雇用保険料は毎月給料から天引きされていましたので、

当然受給資格はありました。

ただ、受給資格があっても年齢と被保険者年数によって給付日数が変わって

きますので、それを確認してから退職した方がいいです。

もしかしたら、あと数ヶ月勤めたら給付日数が30日増えるかもしれません。


posted by バードマン at 23:46| Comment(0) | 失業保険 受給資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
失業保険」の先頭へ