9倍もらえる失業保険。失業保険は4度笑う。


2011年11月27日

失業保険 手続き

退職したらすぐにハローワークに行かないといけない訳ではありません。

まずは会社から離職票が届くまでゆっくりのんびりしましょう。

離職票がないとハローワークに行っても求職申請ができません。

離職票は退職後1週間くらいで届きます。

(離職票は法律で退職後10日以内に会社が送付しなければなりません)


離職票が届いたら以下を準備してハローワークに行きましょう。

@離職票‐1

A離職票‐2(離職理由欄F、離職者署名欄Pを記入)

B雇用保険被保険者証

C証明写真2枚(たて3cm、よこ2.5cm)

D運転免許証、または写真付き住民基本台帳カード

E自分名義の通帳


上記で重要なのは、A離職票‐2の離職理由欄Fに

会社が記入した離職理由と実際の離職理由(あなたが思う離職理由)が

違う場合、その理由を詳しく記入することです。

会社が自己都合としているから仕方ないと思う必要はありません。

自分から辞めた=自己都合 ではありません


ハローワークでの最初の手続きは、

求職申請書の記入提出と上記@〜Eでの登録です。

会社が記入した離職理由とあなたが思う離職理由が違う場合、

会社に対して申立書を記入提出します。

あなたは申立書を書くだけで、あとの手続きは

ハローワークと会社がやってくれますので

気にする必要はありません。

この申立書の手続きは1ヶ月くらいかかりますので

あとはハローワークから連絡があるまで待つだけです。




posted by バードマン at 03:10| Comment(0) | ハローワーク 失業保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

失業保険 延長

私はこれを読んで失業保険の給付日数を

120日から210日に増やすことができました。

9倍もらえる失業保険。失業保険は4度笑う。

この商材にはさらに給付日数を半年、1年と

延長する方法が書いてあります。

もちろん私もそれを実行するつもりです。



posted by バードマン at 22:31| Comment(0) | 失業保険 延長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

失業保険給付

私は2011年9月末で退職しました。

退職して約1週間後に離職票が届きました。

離職理由には会社が記入した自己都合にチェックが入ってました。

これは退職前に自分で確認して承認印も押してました。

私はこれに本人記入欄にある記入をしました。


10月11日にこの離職票と

退職前に準備していたある資料

持って初めてハローワークに行きました。

ハローワークでは求職申込表を記入提出し、

離職票と持って行ったある書類を提出して終わりでした。

「結果は連絡します」

とのことでした。

この時初めて知ったんですが、今後の失業認定日は

最初にハローワークに行った日で決まります。

私は「3型−火」でした。


10月20日に雇用保険説明会。

1時間半くらいだったと思います。

この日はそれだけ。


10月28日に初回講習。

これ、失業認定に必要な就職活動の1回に含まれまれるんでするんるん
2時間もかからず、この日はこれだけ。


まだかまだかと連絡を待っていた

最初の失業認定日の前日11月7日の19時頃。

連絡きました。

ハローワークから。

特定理由離職者として認定されました」

つまり

会社都合扱いで3カ月の給付制限なし。

そして11月8日に見事、

会社都合として失業認定されました。


私が会社都合を勝ち取れたのは

これを読んで

9倍もらえる失業保険。失業保険は4度笑う。

退職前にその方法を知り、十分な準備とすることができたからです。


既に退職してしまった人でも、失業保険の給付日数

増やす裏ワザが載ってます。






posted by バードマン at 22:40| Comment(0) | 失業保険 給付 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
失業保険」の先頭へ