9倍もらえる失業保険。失業保険は4度笑う。


2011年11月17日

失業保険給付

私は2011年9月末で退職しました。

退職して約1週間後に離職票が届きました。

離職理由には会社が記入した自己都合にチェックが入ってました。

これは退職前に自分で確認して承認印も押してました。

私はこれに本人記入欄にある記入をしました。


10月11日にこの離職票と

退職前に準備していたある資料

持って初めてハローワークに行きました。

ハローワークでは求職申込表を記入提出し、

離職票と持って行ったある書類を提出して終わりでした。

「結果は連絡します」

とのことでした。

この時初めて知ったんですが、今後の失業認定日は

最初にハローワークに行った日で決まります。

私は「3型−火」でした。


10月20日に雇用保険説明会。

1時間半くらいだったと思います。

この日はそれだけ。


10月28日に初回講習。

これ、失業認定に必要な就職活動の1回に含まれまれるんでするんるん
2時間もかからず、この日はこれだけ。


まだかまだかと連絡を待っていた

最初の失業認定日の前日11月7日の19時頃。

連絡きました。

ハローワークから。

特定理由離職者として認定されました」

つまり

会社都合扱いで3カ月の給付制限なし。

そして11月8日に見事、

会社都合として失業認定されました。


私が会社都合を勝ち取れたのは

これを読んで

9倍もらえる失業保険。失業保険は4度笑う。

退職前にその方法を知り、十分な準備とすることができたからです。


既に退職してしまった人でも、失業保険の給付日数

増やす裏ワザが載ってます。






posted by バードマン at 22:40| Comment(0) | 失業保険 給付 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

失業保険 計算

失業保険の基本手当日額は以下の計算で決まります。

--------------------------------------------------
退職前6か月の給与総額÷180=賃金日額

賃金日額×(給付率:45〜80%)=基本手当日額
--------------------------------------------------

給付率は年齢によって決まり、基本手当日額には上限があります。

ですから、退職前の6か月はできるだけ残業して給料を増やした方がいいです。

ただ、上記のことはハローワークでも公開されてますので誰でも調べることができます。

私は退職時34才で上限の7,140円もらえることになりました。

ただ私はこれを読んで給付日数を増やすことができました。

9倍もらえる失業保険。失業保険は4度笑う。

この給付日数を増やす方法は一般的には公開されていません。

誰でも給付日数を増やすことができるのに、ほとんどの人がその存在・方法を

知らない為に数十万円ももらい損なっています。



posted by バードマン at 22:32| Comment(0) | 失業保険 給付 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
失業保険」の先頭へ